お葬儀の流れについて


お葬儀は故人様との最期のお別れの儀式です。
しかし、大事な方を亡くされた直後、何をどうすればいいのか迷う方が非常に多いです。
何を、いつ、どこで、どのようにすればいいのかを事前に知ることができれば、落ち着いた対応ができるはずです。
ここではお葬儀の流れについて分かり易くまとめます。

①ご逝去~葬儀社への依頼

故人様を看取られたあと、まず決めなければならない事は、ご遺体の安置場所です。
ほとんどの方が亡くなられる場所は、病院もしくは介護施設です。これらの場合、早急なご遺体の移動を求められます。
ご遺体の搬送から、お葬儀の準備、各種手続きを行ってくれるのは葬儀社です。依頼する葬儀社を選びましょう。
当サイトでは、故人様のご逝去後に葬儀社を選ぶことはリスクがあり、事前に依頼する葬儀社を考えておく、事前相談をおすすめしています。詳しくはTOPページをご確認ください。
葬儀社に連絡をすると、約1時間ほどでお迎えに来てくれます。担当者にご遺体の安置場所の希望を伝えましょう。一般的には自宅もしくは葬儀会館に安置される方が多いです。

②お葬儀打合せ

ご遺体を安置したら、葬儀社の担当者と打ち合わせを始めます。通夜・葬儀の日程、お葬儀の場所、お葬儀のプラン(金額)など、どのようなお葬儀にしたいかをお話ください。
当サイトで事前相談をおすすめしている最大の理由がここにあります。
事前にお葬儀の場所や、プラン内容、最終予算を事前に調べて、決めておくとこの打ち合わせが短時間で終わりますし、納得できる内容をゆっくりと決めることが出来るからです。
故人様との最期のお別れのための大事な儀式ですので、後悔のないお葬儀ができるように、しっかりとした打ち合わせをしてください。
内容が決まれば、あとは基本的に葬儀社の担当者がすすめてくれます。

③参列者への連絡

お葬儀の規模やお呼びする範囲が決まれば至急連絡をします。親戚など近親者へは電話での連絡が一般的です。家族葬であればこの連絡で充分ですが、一般葬としてたくさんの方をお呼びする場合は、異なります。

町内など、ご近所様への連絡

町内会など地域のコミュニティーに参加している場合は、その組織の代表者(例えば町内会会長や老人会会長)に連絡をしてください。その際に葬儀社に「訃報通知」を作成してもらえると非常に便利です。訃報通知とは故人様が亡くなった旨、通夜・葬儀の場所、開式時間などを通知するための書類です。葬儀社は通常、訃報通知のフォーマットを作成していますので、簡単に作成してくれます。その訃報通知を町内の掲示板や回覧板でお伝えしてもらえると喪主様も代表の方も時間が省けて便利です。

会社関係者への連絡

会社関係者への連絡は、故人様や喪主様の職場の総務部への連絡が一般的です。その際にも訃報通知を使用すると、場所や時間を間違うことなくお伝えできるので非常に便利です。

友人・知人への連絡

友人・知人への連絡は一般的に電話もしくはメールでします。一人一人に連絡をするのはとても時間がかかるので、親しい友人の方に連絡を取り、内容をお伝えして、そこから関連する人たちに連絡をお願いするといいでしょう。

④通夜式

葬儀社との打ち合わせ、参列者への連絡が終わると、通夜式までは少しゆっくりとした時間が過ごせます。
お通夜とは、本来は亡くなった方を葬る前に、近親者がご遺体を守って一夜を明かすことを言います。
現在は一夜を明かす前に、近親者だけでなく、宗教者や参列者を招いて供養するための儀式という意味合いが強いです。一般的に時間は18時から19時の間で始まり、約1時間の儀式になります。仕事などの関係上、葬儀・告別式に参加できない方が通夜だけお参りに来るケースが多いです。
基本的に通夜式の進行はすべて葬儀社の担当が行います。
開式時刻の1時間くらい前から、参列者の方が式場に来られますので、喪主様は皆様に挨拶をします。開式15分くらい前には宗教者(寺院様など)も来られますので、控室に挨拶に行きます。
儀式は仏式の場合、寺院様の読経、喪主様・遺族様・参列者の焼香、喪主様の挨拶で終わります。近親者を中心にして通夜振舞いというお食事をすることもあります。
それらが
終わりますと、故人様と最期の夜を過ごしていただきます。

⑤葬儀・告別式

葬儀式は本来、遺族や近親者が、故人の冥福を祈るために行う儀式。告別式は故人の友人・知人が、故人と最期のお別れをするための儀式です。昔は、葬儀のあとに墓地のある寺や火葬場まで列を組んで遺体を送っていた、「葬列」または「野辺送り」という習慣が、今の告別式に代わったといわれています。
通夜式と同じく、開式時刻の1時間くらい前から、お集まりいただけます。
流れについてもほぼ同じで、読経と焼香、喪主様の挨拶のあとに、故人様との最期のお別れがあります。葬儀社や葬儀プランによって異なりますが、棺にお花や手紙を入れたりゆったりとした雰囲気でお別れができます。
お別れが終われば、近親者による出棺の儀があります。近親者の男性数名によって、棺を霊柩車へ移します。火葬場には近親者のみが同行するのが一般的です。
火葬場によって時間は多少異なりますが、火葬には約1時間くらいかかります。その後、お骨上げなどを含めると約2時間くらいとお考えください。
骨上げが終われば、一連のお葬儀の流れはほとんど終わりになります。

まとめ

大事な方を亡くして、ご遺体の安置、葬儀社との打ち合わせ、通夜、葬儀・告別式、出棺・火葬まで、おおよそ2~3日で対応しなければなりません。
深い悲しみの中、これらをすべて冷静に執り行える方は稀だと思います。
大事な方との最期のお別れを、素晴らしいものにするために、事前に準備することを考えてみてください。

コメント