お葬儀の種類・形式について


お葬儀にはたくさんの種類・形式があります。
今行われているお葬式の大半が仏式葬儀と言われる、宗教者として寺院を招いて、通夜・告別式を行う葬送の儀式です。
これは明治時代からの文化や檀家制度といった風習から少しづつ形式化されていったものです。
葬儀に参列する範囲についても、親族だけでなく近隣住民や会社関係の方が参加する形式も、高度経済成長までの生活習慣が理由と考えられます。
しかし、近年の核家族化や少子高齢化が急激に進んだことを理由に、お葬儀の規模を小さくする流れが主流となっています。
つまり、お葬儀の種類や形式は時代の流れや生活環境の変化によって多様化しているのです。
ここではお葬儀の種類・形式を分かり易くまとめます。

宗教による分類

お葬儀を宗教を基本に分類すると、大きく3種類に分けることができます。

仏式葬儀

仏式葬儀とは、仏教の教えに基づいて行われる葬儀のことを言います。そして日本では行われるお葬儀の約90%がこの仏式葬儀と言われています。
ただし、日本に伝わっている仏教は宗派によって考え方が複数存在します。真言宗、天台宗、浄土宗、臨済宗、曹洞宗、日蓮宗、浄土真宗などに分かれ、さらに各宗派の中でも、派と呼ばれるさらに別れるものもあります
それぞれの宗派は、教えや考え方に多少の違いはありますが、お釈迦様の教えの元、仏様を供養するという考え方は、基本的に同じです。
仏式葬儀の基本的な流れは、通夜・告別式で僧侶(住職)がお経を読み、親族や会葬者が焼香する。告別式のあとに出棺と呼ばれる儀式を行い、火葬場で故人様を火葬するというものが一般的です。

神式葬儀

神式葬儀とは、仏式葬儀に対して神様の教えに基づいて行われる葬儀のことを言います。正式には神式の場合、葬儀という言葉は使わず、神葬祭と呼ばれます。
仏式の通夜にあたるものを通夜祭、告別式にあたるもの祭場祭といい、住職ではなく神職(神主)が祭詞を奏上し、親族は会葬者は焼香ではなく、玉串を奉って礼拝します。
神式にはもう一つキリスト教の教えに基づいた葬儀もあります。仏教に宗派があるようにキリスト教にも宗派があり、大きく分けるとカトリックとプロテスタントです。
それぞれ考え方や作法に違いはありますが、前夜祭、お葬式があり、牧師の進行の元、献花をして死者を弔います。

無宗教葬儀

無宗教葬儀とは、仏教や神道といった宗教的な儀式にとらわれずに、故人様を送るという葬儀をいいます。
近年、自由葬や音楽葬、お別れ会といった呼ばれ方をしているお葬式の形式でご希望される方が増えている形式です。
新しい形式のお葬儀ですので、明確なルールはなく、オリジナル性の高いお葬式ができるので、企画力のある葬儀社に依頼されたほうがいいでしょう。
また経済的、時間的な理由で宗教儀式をしない、直葬もこの無宗教葬儀と言えます。

参加人数や規模による分類

お葬儀を参加人数や、日数など近年の葬儀情勢を元に分類すると、4種類に分けることができます。

一般葬(従来型)

一般葬とは、近年の生活環境が大きく変化する前の日本の伝統的なお葬儀の形式です。
宗教者をお招きして、通夜・告別式を行い、出棺、火葬を行うという流れのお葬儀です。
一般葬に対する言葉として、家族葬という言葉がありますが、この両者の一番の違いは、お葬儀に参加される人数や範囲、規模です。
一般葬は従来型の伝統的なお葬儀ですので、親族以外にも、近隣住民、会社関係、友人関係の方の参列があります。人数も多くなりますので、会館やホールなど施設の規模も大きくなります。

家族葬

家族葬とは、従来型の一般葬と比べて、儀式や流れについては同じですが、家族などの近親者だけで行い、近親者以外の儀礼的・社交辞令的な弔問客の参列を拒否するお葬儀の形式です。身内のみで行うことが多いため、会館やホールなどの施設の規模も小さくすることができ、費用を抑えることもできます。
ゆったりとした雰囲気の中で、家族だけでお別れしたいというご希望が近年多く、そのようなニーズの高まりが、家族葬が流行の理由と考えられます。

一日葬

一日葬とは、家族葬と比べて、身内のみで行うという点は同じですが、通夜を行わない点が異なります。
その名の通り、本来2日で行うお葬儀を1日で終えるので、葬儀費用が抑えられる、親族の方々に対しては、宿泊費などの経済的負担や時間的・肉体的な負担が軽減されるという点がメリットです。
費用も時間も抑えつつ、儀式をきちんと行って送ってあげたいという考え方の人に選ばれている形式です。

火葬式

火葬式とは、従来の一般葬と比べて、通夜も告別式も行わず、出棺と火葬のみを行うお葬儀の形式で、直葬とも呼ばれます。
家族葬と同様に近年人気の形式です。最大のメリットはご家族様の経済的負担の軽減です。通夜・葬儀を行わないので、それらの葬儀費用や参列者も少ないケースが多いので、トータルの費用が抑えられます。
またお葬儀は精神的にも身体的にもご家族様の負担が大きいです。それらを軽減できるのも火葬式のメリットと言えます。
デメリットとしては、都市部ではこの火葬式の認知は高まっていますが、それ以外の風習や文化を重んじる地域では、火葬式の理解が難しいケースもあります。伝統的なお葬儀をしなかったことで親戚とトラブルになることもあります。
火葬式を行う場合、事前に親戚には連絡をして、承諾をいただくことは非常に重要です。

まとめ

お葬儀の形式・種類は、宗教で分類すると、①仏式、②神式、③無宗教の3種類。
参加人数や規模で分類すると、①一般葬、②家族葬、③一日葬、④火葬式の4種類に分かることができます。
お葬儀の形式が多様化した現在では、これらの分類の中からあなたやあなたのご家族様が一番良いと思う形式で行うことがベストだと思います。
万が一に備えて、事前に調べて、考えることが大事な時代になっています。

コメント